ツーリングバッグを知る|おしゃれ上級者なメンズはブレスレットをつけている?

タンクバッグを使って快適なバイクライクを送ろう

ツーリングバッグを知る

鞄

バイクに荷物を積みたい

バイクに乗って走るのは車と違った楽しみがあります。ですがバイクには詰める荷物が少ないという欠点があります。ビッグスクーター比較的メットインスペースが広く作られている車種が多いのであまり気になりませんが、スポーツタイプのバイクやアメリカンタイプのバイクなどは積める荷物が限られてきます。

ツーリングバッグを使おう

バイクの欠点を補ってくれるのがツーリングバッグになります。ツーリングバッグとは、タンクバッグやサイドバッグなどの荷物入れのことで、バイクに積める荷物の量を増やしてくれます。ツーリングバッグは取り付ける位置や素材の違うものがあり、その種類は様々です。雨に濡れても荷物が濡れないリアボックスと呼ばれる事もあるハードケースタイプは街中でよく見かけます。

ツーリングバッグを選ぶ際に気をつけたいこと

雨が降った時の対処を考える

バイクは屋根がないので雨が降った時に濡れてしまいます。ツーリングバッグも防水タイプじゃないものだと雨水がバッグ内部まで浸入してきます。防水タイプのものを購入する、雨が降った時にバッグ用のカッパを用意する、雨に濡れても大丈夫な荷物を積むなど対処法を考えておきましょう。

バイクにあったサイズのバッグを購入する

小型のバイクに乗っているのに欲張って大きなバッグを積み沢山荷物を積む事は、バイクの重心を変え運転しにくくなってしまうので避けましょう。また大型のバイクでも大き過ぎるバッグは、風の抵抗などを受けバランスが取りにくくなりやすいので、バイクのサイズに合わせたバッグを選びましょう。

バッグの合計積載量を確認しよう

複数のツーリングバッグをつける方はひとつでは足りない方だと思います。複数の購入、取付をする場合実際に荷物を積んだ時にバイクの重心がずれていないか、走行に影響しないか確認する必要があります。リヤにバッグを付け過ぎるなどアンバランスな状態にならないよう気を付けましょう。

おすすめのツーリングバッグ

no.1

リヤボックス(トップケース)

リヤボックスタイプのツーリングバッグはよく売れているので種類もたくさんあります。一番の特徴は雨が降っても中身が濡れないので安心感があります。また積載量が多いのも人気な理由のひとつです。バイクの後方につけるので重すぎる荷物を積むとフロントとリヤの重心やバランスが悪くなるので気を付けましょう。

no.2

タンクバッグ

昔からあるツーリングバッグの王道といえるバッグです。特徴はバイクのタンクの上に取付けるので重心が安定するということと、バイクにまたがった状態で荷物の取り出しが可能ということです。ですが容量が少ないので、他のバッグと合わせて使うといいでしょう。

no.3

シートバッグ

こちらはシートのタンデム部分に取付けるバッグです。小さいものから大きいものまで様々な種類があります。大きいものだと数日旅行にいける程の荷物は積めます。こちらもリヤボックスと同じ様にリヤ部分に取り付けるので、重い荷物を積むと重心が変わってしまいます。またタンデム部分に取り付けるので足が引っかかりやすいです。

広告募集中